qa-vol-5

『Quiet Moments -From Dusk Till Dawn-』
選曲・監修:吉/> の劇伴音楽、東京スカイツリータウン(一部施設)の音楽や、ドキュメンタリー映画「はじまりの島」エンディングテーマ、「ANA LOUNGE」の音楽監修などを担当。コンサート活動にも定評があり、これまでに「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」、「中州ジャズフェスティバル」への出演や、自身のピアノ演奏による全国ツアー&中国ツアーも成功させている。国外での評価も高く、これまでに米国最重要音楽メディア「Pitchfork」にて高得点を獲得したほか、日刊20万部を発行する豪州のニュースペーパー「THE AGE」にてその才能を賞賛されるなど、日本国内に留まらない世界的な活躍が期待される音楽家の一人である。また、2007年からは自身が設立したSCHOLE INC.において音楽レーベル「Schole」を運営、国内外問わず新進気鋭の音楽家を自ら発掘し、数多くの作品に携わっている。Quiet Momentsとは親交が厚く、過去三度に渡りコンピレーションアルバムに楽曲を提供しているほか、プラネタリウムコンサートの開催など共同企画によるコンサートも多数。
Akira Kosemura Official Site
http://www.akirakosemura.com/

Schole Inc. Official Site
http://www.scholecultures.net/

moshimoss

1979年山梨県生まれ。音楽家・イラストレーター。山梨の音楽レーベル、Neguse Groupを主催し、Kosuke Anamizu名義で、ドイツのTraumからProcessとのスプリットEPや、mule electronicからリリースした、ミニマルハウス・ダブなどの作品で知られる。2010年、サンフランシスコを拠点とするdynamophone recordsより「Hidden Tape No.66」をリリース。2011年には、L.E.D. feat.原田郁子の「I’ll」のRemix EPにリミキサーとして参加、リミックスワークも多数手がける。2012年にはmoshimossとしてFujirock Festival’12への出演を果たした。2013年5月にはmoshimossの2ndアルバム「endless endings」をnothings66からリリース。新たにスタートしたPreghost名義でのアルバム「Ghost Story」も、同年11月にn5MD よりリリース。

haruka-nakamura

これまでに「grace」「twilight」「MELODICA」の3部作、コラボレーションアルバム「afterglow」「12 & 1song」など、Kitchen.label、schole、hydeout productionsとレーベルの垣根を越えて発表。様々なコンピレーションアルバムへの参加やremix作品、websiteやCM音楽(H.P.FRANCE、PARCO etc..)evam eva、support surface、mameなどブランドとのコラボレーションなどを手掛ける。2012年よりAOKI,hayatoとのDUOを結成。演奏の旅を続けている。
official HP
http://www.harukanakamura.com

akkki

関西から関東に拠点を移し、グラフィックアートを中心としたグラフィックデザイン、Webデザインを中心に活動。中性的かつミニマル・繊細な表現を中心に様々な活動を展開している。またakkki名義でVJとしても活動。ビート・ミニマルサウンドと呼応する彼女の映像パフォーマンスは数多くのイベントを飾り、ピークタイムを一層華やかなものへと昇華させる。表現のジャンルに捕われる事無く、幅広いジャンルで活動中。
http://aki.moo.jp